シミが増えてく

私は小さいころからソバカスがあります。実際の所私は、シミとソバカスの差が良くわかりません。 私は小さいころからキャンディキャンディの歌が嫌いでした。だって「そばかすなんて気にしないわ」って歌ってるので。私は本当に気にして気にして過ごしていました。 大人になった今でも気にします。やっぱり知らず知らずのうちに増えた気がします。 でもファンデーション塗っても中々消せません。 消すほど塗ると私の技術だと単なる厚塗りとなり見た目が逆におかしくなります。

仕方なくそこまでは隠そうとはしていません。 でもなくなればいいなぁとは今でも思います。 今の所、娘にはソバカスはありません。そのままでいてほしいです。ただ外で元気よく遊ぶので、今では真っ黒の肌にはなっています。 まぁ健康的でよいけど・・・ 私もいつからソバカスがあったのかは覚えていませんが、物心ついたころにはあった気がします。まぁ娘は4歳なんで小学生になるころにはもしかするとあるかもしれません。 私は体にもシミがたくさんあるのでそれも小さいころは気にしていました。

男子の日焼け止め事情

男性も日焼けを気にする時代になってきたようです。昔は焼けてる方が男らしいとかかっこいいとかモテそうに思ってましたが・・・白い方がモテる時代になってるらしいです。実際に私は昔から筋肉質で黒い男性は苦手で、ひょろいもやしっ子みたいな方がタイプです。まあこればっかりは好みの問題もあるわけですが。男性自身が日焼けを気にして日焼け止めを愛用している人が増えてるのは確かなのです。

私、女性として負けちゃうかも。。。なんか、化粧水とかも使ってるらしいですね。イマドキ男子は。

日焼けっていうのは肌にもよくないし、日焼け止めを塗った方が体のためにもいいのですけどね。今の紫外線って皮膚にはかなり悪影響みたいなので、男性よりも女性、子供、赤ちゃんの方が要注意をして日焼け止めを塗らないといけないです。もし日焼けしてしまったら、ケアをしておかないと、皮膚がんになる可能性すらあるとか。日焼け止めプラス、男性も日傘をさして歩くというのもあるらしいとか。時代は男性らしさとか女性らしさとか、昔の概念を変えていっていますね。

コラーゲンとビタミンCの組み合わせ

肌がきれいになるためにサプリメントを飲んだり、美容成分を摂取したりしているのですが、肌に効果のある美容成分として人気が高いものにコラーゲンがありますよね。友人たちとも美容に関する話題は盛り上がるのですが、その時でもコラーゲンの話はよく話題にしています。エステのコースもスキンケア商品もコラーゲンと書いてあると気になりますし、ご飯を食べに行った時もコラーゲンたっぷりで肌に良いとか宣伝している物があるとこれをたのんでみよう、という感じにすぐに気になってしまいます。

そんな人気のあるコラーゲンなんですが、コラーゲンを摂取する時は、ビタミンCの手助けが必要なんだそうです。ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成と保持ができなくなるそうです。コラーゲンばかりに目がいっていたのですが、これからはコラーゲンをとる時は意識してビタミンCもとるようにしたいと思います。せっかくコラーゲンをとってもそれが効果が出なかったら何の意味もないですもんね。

皮膚炎で顔が赤くなりました

私は原因不明の皮膚炎になって顔が真っ赤になって炎症を起こしてしまいました。近所の皮膚科を受診しましたが、原因がわからないということで、塗る軟膏を処方してもらいました。それを塗っても、顔の赤みはとれず、炎症はひどくなるばかりでした。そこで、近所の総合病院の皮膚科を受診しましたが、アレルギーの検査の血液検査などを受けましたが、アレルギーではないということでした。

それで、しばらく総合病院の皮膚科を受診していたのですが、顔の赤みが引かないので、大学病院の皮膚科を紹介してもらって、そこを受診することにしました。

顔の赤みはひどくて、ファンデーションを塗ることもできませんでした。大学病院では顔の写真を撮影されて、グループで治療方法を検討するということで、2週間待ちました。それで、ステロイド軟膏を使った治療を受けることになりました。すると、1週間くらいで劇的に顔の赤みが消えてすごくすっきりとして、顔の赤みも治まりました。

関連資料サイト 赤ら顔、いつも顔が赤いのが治った!角質培養が原因改善の鍵だった!

メイクを覚えたいな

小顔になるには、フェイスラインをすっきりさせる。

造美顔コースなどエステのコースにもあるように表情筋を鍛えたりたるみを改善したりすることが効果的だと言われていますよね。顔のつくりを整えるのは小顔になるには大切。

他には、メイクの仕方でも小顔になることはできますよね。顔のサイズは根本的には変わらないかもしれませんが、メイクひとつで小顔に見えたり、膨張して見たり、印象はガラッと変わります。

フェイスラインにシャドウをいれたりすると、影ができて小顔に見えたりします。立体的な顔を作るのに、肌の色の濃淡はかかせませんよね。顔の印象を変えてくれるメイクですが、最近はチークが人気があるそうです。

チークもたくさん発売されてどこの商品が良いのか迷ってしまいますが、今年のトレンドはピンクだそうです。チークを入れる時のポイントは、どれだけ自然に肌になじんでいるかどうか。

顔の印象を変えてくれるメイクをマスターしていろんなシーンでメイクを変えて楽しみたいですね。

エステティシャンはナチュラル系?

最近はすっぴんメイクといいますか、ヌーディーなメイクも主流ですよね。バッチリメイクしてるとギャルか一昔前みたいに思われるので要注意です。
そんな中チークって結構重要だとききます。血行がよく見えるということ、イコール健康的ということです。

そしてファンでにチークだけであまり化粧しなくても、なぜかしてるっぽく見えるということもあります。

私は肌が白い方なので、チークをしなくてもほっぺが赤くなっちゃうので色使いには気を使っています。

色白の方は赤い色やピンクよりはオレンジ系の方が映えます。
そして口紅もベージュやオレンジが合います。

CMなんかでもチークを楽に塗れるものや、チークを押した商品がたくさん放送されていますよね。

メイクで重要なのに、使うのが難しいアイテムでもあるので、敬遠されがちですが、ちょっと練習したり、コスメカウンターで指導してもらうのも手かもしれませんね。

チークひとつでおしゃれにメイク上級者に見られるかもしれませんよ。
エステなんかに行っても、エステティシャンの人はみんな綺麗だけど、ナチュラルな人が多いように思います。